使い分けるED薬!土日ならバイアグラよりも断然シアリス

使い分けるED薬!土日ならバイアグラよりも断然シアリス

ジェネリックの選択肢

ジェネリックとは、後発薬のことを指し先発薬と同一の成分を使用し同様の作用や効果あるいは副作用をもつ薬であり、使用することのメリットとして治療継続のためにかかる薬価を下げることで患者にかかる負担を軽減させることができ薬価の高い治療薬でも長期的に使用継続することができます。
健康保険の適応がある治療薬であればメリットとならないこともありますが、保険を適応させることができず自由診療とされている治療には費用面で大きなメリットを実感することができます。
自由診療となり全額を自己負担しなければならない治療に男性の悩みとなりストレスなどの精神的な負担にもなってしまう勃起不全の治療があります。
勃起不全の治療には症状が軽度の場合に使用されることは少ないですが中等以上のケースではED治療薬を用いた治療がほとんどとなり、2016年現在で国内で処方することが認められている処方箋薬は販売が認めれた順にバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がありバイアグラ50mg1錠でも1500円前後(医療機関によって異なる)し最新の治療薬ともなれば1錠あたり2000円前後してしまいます。
1回の性行為で1錠の内服とされているので毎回の使用は性行為の頻度によっても異なりますが、かなりの負担額になってしまい治療を継続させることが難しくなってしまうこともあります。
負担を減らしたり治療の継続をするために選択肢の1つとしてあるのがジェネリックでありもっとも人気の高く最新の治療薬であるシアリスの後発薬となるタダシップを使用することで男性の服用の負担を軽減させられます。
タダシップは先発薬と同一のタダラフィルを使用しているため最大36時間の長時間作用と食事によって効き目が影響を受けることがほとんどないという特徴も同様に血管を拡張し勃起を促進する作用もあるため先発薬の効果などをそのままに治療を行うことができます。
また価格も3割程度となるので1錠400~600円前後で購入できるので治療の選択肢の1つとして考えてみてください。