使い分けるED薬!土日ならバイアグラよりも断然シアリス

使い分けるED薬!土日ならバイアグラよりも断然シアリス

勃起不全の二つの原因

勃起不全とは、身体の一部の機能が正常に機能しないことで物理的に直接受ける性的刺激や想像や女性の裸など男性が興奮する作用を得ても陰茎を硬くすることができなくなってしまい性行為時に女性の膣への挿入を困難にしてしまいます。
勃起をするために必ず正常に機能していなければならないのが脳、中枢神経や自律神経などの神経、また血液の通り道となる血管、そしてそれを貯めておくための陰茎の90%を占める海綿体の4つが機能することが必須の条件となります。
この機能が上手く機能しなくなってしまう原因と言われているものには2つあり、心因性と器質性というものになります。
心因性とは文字通り男性の心の問題がきっかけとなっておこるものであり、社会生活を送る上で避けて通ることができないストレス、または将来などに感じている不安など現実的日常的に感じていることが引き金となってしまうこと、あるいは自分の陰茎に自信を持つことができずコンプレックスとなっていることや最もデリケートな時期である幼少期あるいは思春期にトラウマになってしまうような体験をすることなど深層心理にある心のトラブルがきっかけとなりおこると言われています。
また器質性とは身体的な問題のことであり、何かしらの病気などによって神経あるいは血管などの機能に障害を与えてしまう病気や年齢を重ねることで肉体的な衰えがきっかけとなり勃起に支障がでてしまうとされます。
どちらかあるいは両方が原因となって勃起不全が陰茎に対して症状となって現れますが、陰茎を硬くすることができないだけが症状ではなく、硬さを維持することができず性行為中に勃起が解消されてしまうことも含まれ、3段階に分けることができ重度・中等・軽度になり軽度であれば治療にはそう時間もかからず場合によってはED治療薬の服用は必要ないこともあります。
また今後、勃起が上手くできないなと感じても焦ることなく勃起できなくてもいいやくらいに考えることで再び勃起できるようになることもあり、これをノン・エレクト法といいます。
万が一の時のためにこういった方法を身につけておくだけでも気持ちが変わると思います。